お得に自動車保険入るコツ!

お得に自動車保険入るコツ!

 

自動車保険は大きく分けて2種類

これから初めて自動車保険の加入を検討している人が居たとしたら、初めて自分自身で車を購入したときで、恐らく初めてであればいきなり補償内容の少ない格安の保険に加入するのではなく、手厚い補償内容でケアも充実した少々高額な自動車保険に入る人が圧倒的なのではないでしょうか。

 

確かに初めて車を買ったドライバーであれば、全員が保険の中でも最も信用度の低い等級からスタートしますので、自動車保険料金は総じて高額になります。
ですが、これから等級をゆっくり上げていく事ができれば自動車保険料は少しずつ下がりますので、まずは自動車保険料を下げる事を考えるのではなく等級を上げる事を考えるようにしてください。

 

しかしそれでも任意保険は強制加入ですので、どの保険会社が良いのかは悩みます。
そこで自動車保険の基本的な事をお話しますと、まず自動車保険というのは、対面型販売の自動車保険と、非対面型の通販型自動車保険があります。

 

対面型の自動車保険は専任の担当者が契約から更新、また事故対応までパッケージで面倒を見てくれるものであるのに対して、通販型自動車保険は専任の担当者が居ませんので契約から更新、事故対応まですべて自分で行う必要があります。
しかし担当者が常時面倒を見てくれる対面式の自動車保険が高額であるのに対して、通販型の自動車保険はすべて自分自身で処理して行く為、保険料が非常に格安であるというメリットがあります。

 

自動車保険の特約制度とは?

損害保険というのは非常に複雑で、特に自動車保険に関しては料金形態も複雑化していますので、保険会社とお客さん側との間でのトラブルも起きやすい業種です。
そんな自動車保険にありながら、サービスを拡充させていかないと損害保険業界そのもののハッテンもないわけで、自動車保険業界では様々な特約が生まれています。

 

たとえば運転者が家族と本人限定にすることでお得に契約できる特約や、運転する人の年齢を若い人に限定することで保険料金を節約する特約、あとは運転する人を契約者本人に限定する事でお安く上げる特約や、万が一車と車のぶつかる事故を起こした際にこちら側が支払う費用をゼロ円にすることのできる特約、あとは事故を起こした時に後部座席に積んでいた荷物に損害が加わった場合や、その後の車両火災で燃えてなくなってしまった時に保証してくれる特約、また万が一の事故対応で、弁護士が必要になった際に手伝ってくれる弁護士特約など様々な特約があり、その数は損害保険会社によって異なり星の数ほどあります。

 

また自動車保険の保証する対象も車なのか、中に乗っている人なのが、ぶつかった相手が車なのか、人なのか、物なのかによっても特約の種類や性質は変わってきますし、料金も変わります。
これから自動車保険を日初めて契約するのであれば、この特約に関しては一度しっかりと保険相談窓口などで紹介をしてもらうようにしてください。

 

代理店と直接契約の自動車保険

自動車保険には代理店で契約するタイプの自動車保険と、直接損害保険会社と契約するタイプのものの2種類があります。
一般的に昔からある損害保険会社が取り扱っている自動車保険は代理店の担当者が直接面談の上で申込を行いますが、直接契約でも保険会社の担当と面談し契約するものもあります。

 

また後者の自動車保険は最近話題のダイレクト自動車保険も該当します。
ダイレクト自動車保険は代理店や担当者を立てずに、直接お客さんと保険会社がネットなどの媒体を使い契約を結ぶもので、年間保険料の安さから最近爆発的に普及しています。

 

この2種類の自動車保険の違いは、そう大きな違いはありませんが、直接契約のダイレクト保険と、代理店契約の損害保険は年間保険料の違いの他に、困った時に頼れる担当者がいつもそばにいてくれるか、それともいないのかといった部分の付加価値もあります。
やはり万が一事故を起こした際に、ドライバーとのコミュニケーションが密接にあると、事故対応や事故処理がスムースに運びます。また物損でも自分の車の事をよく理解してくれている担当者は智識面において非常に心強く、安心して事故処理を任すことが出来るでしょう。

 

しかし事故を起こすまで全く会った事のない損害保険の担当者だと、コミュニケーション不足から手際が悪かったりすることもあり、スムースな事故処理が行われない事もあります。
そういった意味においては代理店契約の方がメリットは大きいのですが、ただ保険料が直接契約に比べ代理店契約は保険料が高くなる傾向にあります。

 

自動車保険は事故リスクが鍵

自動車保険というのは事故リスクで保険料の値段が決まると言っても過言ではありません。
そしてこの事故リスクというのは、様々な所に潜んでおり、例えば車自体に事故リスクがあるかもしれませんし、また地域や気象条件も事故リスクになりえます。

 

さらにドライバー自身の運転経験や年齢や性別によっても事故を起こす可能性が高くなったり、低くなったりします。
このように事故リスクというのは、運転者や車の周り等、随所に潜んでおり自動車保険の料金設定に大きな影響を与えるものです。

 

ではもし自動車保険の保険料を安く上げたいのであれば、こういった事故リスクを下げてしまえば、自動車保険の料金も下がり家計負担も下がります。
ではこの自動車保険のリスクを下げる方法というのはどのような方法になるかというと第一は年齢が若い事であり、次に走行距離が短い事と、最後に運転歴が長い事であります。

 

これら3つの条件を満たすことで自動車保険の保険料は下がるわけですが、これは誰でもその条件を満たすことはできず一定の時間が必要となります。
つまり免許取立ての初心者ドライバーがいきなり保険料を下げる事は事実上不可能なのです。

 

ですから日頃から安全運転を意識し事故を起こさないようにしていく事が重要です。
そして長年無事故を続けていけば、それが損害保険会社にとっての信用になりますのでゆっくりとしたペースではありますが、自動車保険料は安くなっていきます。

 

事故リスクを減らす努力をする

自動車保険に安く入るコツというのは、まだ免許取立てで初めての車を買ったばかりの人でもない限り、工夫の余地があります。
あいにく免許を取立てで初めて車を買うドライバーの場合は、自動車保険の等級も低い事から格安で入れる自動車保険は皆無に等しく、まずはしっかりと損害保険会社からの信用を勝ち取り、等級を上げなくてはなりません。

 

そしてある程度等級が上がったところで、他の損害保険会社が取り扱っている自動車保険と価格比較し、はじめて見直しが出来るのです。
その為にも免許取立ての初めてマイカーを買ったドライバーが出来る事は、走行中の事故を減らす努力です。

 

つまり危険予測のセンスを徹底的に磨くことが重要で、それが出来ないと事故リスクは高いままで、いつか大きな事故を起こすでしょう。そしていつまでたっても等級が上がらず5等級以下で停滞する事になるのです。
自動車保険の保険料の基準として等級は非常に重要であり、損害保険会社共通の信用となります。
つまり等級は違う自動車保険に乗り換えたとしても変わらないのです。

 

ではこの事故リスクを減らす方法である危険予測の磨き方ですが、大前提としてだろう運転は絶対に禁物です。
走行中に突然予期せぬところから人が出てくることはありますし、特に子供や自転車に乗っている高齢者の動きは予測できません。

 

そのため子供や高齢者を見たらまずは徐行してこちらの存在を相手に認知させることが必要です。
こういった危険予測を日頃から繰り返し無事故を貫いていれば、やがて等級は上がり自動車保険料に影響してきます。