通販型自動車保険の危険な罠とは?

通販型自動車保険の危険な罠とは?

 

万が一の事故処理はセルフが基本

今、テレビCMを見ていると頻繁に通販型自動車保険の広告を目にする事があります。
この通販型自動車保険の特徴というととにかく安いことが特徴として挙げられますが、それ以外にこの通販型自動車保険の良さというのは何があるのでしょうか?

 

そもそも自動車保険というのは非常に高額な物でした。
しかも車を購入すると自賠責保険の他に、任意保険の加入が義務付けられている為、車を所有している人は全員民間の自動車保険に加入する必要があります。

 

そのうえこの保険料も事故リスクの高い人から、低い人までまんべんなく高額に設定されていました。
しかし事故リスクが高い人の保険料が高いのはわかりますが、事故リスクの低い人まで高額な保険料を支払わされているのは、納得がいきません。

 

そこで、比較的事故リスクの低い人向けの自動車保険のニーズが高まりました。
そして生まれたのがこの通販型自動車保険なのです。

 

通販型自動車保険はあくまで事故を起こすリスクの低い人向けの自動車保険ですので、便宜的な自動車保険という要素が強く実際に事故を起こした時の事故処理は保険会社の担当者が行うわけではなくセルフ処理が基本です。
従って通販型自動車保険は事故を起こす可能性が高い人が加入し、実際に事故を起こすと、すべて自分自身で処理していく必要があり、慣れてないと非常に大変です。

 

また事故を起こす可能性が高い層が加入したとしても、保険料は通販型自動車保険の中でも高額になります。
このように通販型自動車保険の基本的な考え方は、事故リスクの少ない層の任意保険というように認識しておくといいでしょう。

 

代理店契約で通販型自動車保険

そもそも自動車保険には大きく分けて2種類あり、代理店を介した対面式の販売方法と、非対面のダイレクト自動車保険があり、非対面の自動車保険も専業代理店と兼業代理店の2つがあります。

 

一般的に専業代理店というのはあらゆる保険商品を売る事を目的とした保険の販売店であるのに対して、兼業代理店というのは保健商品を売る事を目的とするのではなく、あくまで車の販売の付帯サービスとして自動車保険を販売しているようなところで、例えば自動車修理工場などで売られているようなタイプがこれにあたります。

 

ただ専業代理店も兼業代理店も共にデメリットは多くあり、専業代理店で販売される通販型自動車保険の場合は、販売方法が合理的であるが故に、万が一事故を起こした時に、想定できないような事が起きた時に代理店の担当者ではスムースに対応することが出来ないことが稀に起きます。

 

また兼業代理店であっても、デメリットは多くあり根本的に保険の販売がメインの仕事ではない為、保険知識に乏しくまた保険の販売を任せるには少し頼りなかったり、またいざ事故を起こした際の対応がスキル面で出来ないことがデメリットとしてあります。

 

通販型自動車保険にこういったデメリットがある以上、通販型自動車保険の会社を選ぶときには十分注意が必要です。
特に事故を起こした際の事故対応はセルフサービスが基本ではあるものの、解決方法を電話で適切にアドバイスしてくれる会社かどうかを見極める必要があります。

 

会社によって事故対応に差がある

ダイレクト系自動車保険の場合、販売から解約、事故対応に至るまで担当者の顔がわかりません。
そして対応の基本はオペレーター対応が基本となりますので、オペレーターの質の高さもこのダイレクト保険選びの重要なポイントとなるでしょう。

 

そんなダイレクト自動車保険ではありますが、事故対応が迅速な自動車保険会社や、逆に事故対応がモタモタする自動車保険の会社などいろいろありますが、大いにして外資系の自動車保険は評判が芳しくありません。
逆に日本の損保会社が運営されている通販型自動車保険の方がいざという時に対応も迅速ですし、また滞りなく事故解決へ導いてくれると評判です。

 

では外資系のダイレクト自動車保険会社のいったい何がいけないのでしょう?

 

まず対応時間です。本来事故対応というのは24時間年中無休で行われるべきものであるはずですが、24時間対応を行わないとか、対応がずさんで遅くて、ただ保険料が安いだけの形だけの保険会社だったなんて話を良く聞きます。
確かにダイレクト自動車保険というのは、安いだけの便宜上の保険のようなところがあり、本当に事故を起こした際はそれこそ大変な思いをしながら自分自身で事故解決していく必要があります。

 

ただそんな何かと大変な自動車事故対応を少しでもサポートしてくれる自動車保険がずさんであったり、遅かったりサポートしてほしい時に営業しないのであれば、加入する意味はありません。
外資の自動車保険の中にはそういった保険会社もありますので注意が必要です。

 

通販型自動車保険に向いている人

通販型自動車保険というのは、対面型の自動車保険と大きく異なり、契約も事故をした際も担当者という存在がいないのが特徴で、担当者がいない分保険料金が安く済むことで爆発的に契約者数を伸ばしてきた背景があります。
ただ実際に事故を起こした際は、事故処理の殆どを自分自身で進めて行く必要があり、その面から考えると事故を起こすリスクの高い人には向かない自動車保険です。

 

つまり自動車免許を取得して間もない若いドライバーや、運転技能の衰えが認められるような高齢者は、交通事故リスクが高いせいか自動車保険料金も高めに設定されている上、事故発生時の対応も慣れていないと非常に苦労することが予想されます。
従ってもしこういった通販型自動車保険を契約する際には極力、事故を起こすリスクの低い人が最も望ましい理想的なモデルとなります。

 

たとえば、運転歴がそれなりにあり、免許取得後数年間は無事故無違反で通しており、さらにゴールド免許といったステータスのある免許であれば尚の事優良ドライバーですので、保険会社からの信用度も高く自動車保険の保険料そのものが安くなる傾向にあります。

 

ということは、免許取得後数年間は事故歴がないという条件がある時点で、現行の保険証券の10等級以上であることが望ましく、さらにゴールド免許であるなどの条件であれば、事故リスクは断然低い為、保険料は非常に安価に済みます。
このように通販型自動車保険に向いている人と向いていない人を考える場合は、まず事故を起こす可能性を第一に考える必要があります。

 

手軽さで選ばない自動車保険

通販型自動車保険と対面式で契約を行うタイプの自動車保険の大きな違いは、保険契約者が担当者と直接対面で話しながら、契約を行うのかどうなのかといった部分で違いがありますが、実は担当者がいるかいないかが自動車保険にとっては非常に大きな違いになります。

 

たとえば事故を起こさなくとも、路上で何らかの車両トラブルが起きた時、通販型自訴同社保険であれば、まず保険会社のロードサービスを依頼しますが、このロードサービスも、通販型自動車保険の場合、最寄りの自動車整備工場の連絡先だけを教えられ、連絡は自分自身で行う必要があります。

 

また事故を起こした場合も、示談交渉や被害者への謝罪等は基本的に自分自身で行う必要があるため、メンタル面で大変な負担になります。
最近でこそ保険契約者の精神的な負担軽減の為、別途弁護士特約を付帯して万が一の示談交渉を弁護士が介して行うサービスもありますが、それでも担当者のいる損害保険会社の自動車保険とは雲泥の差です。

 

もし担当者がいた場合、車両トラブルが起きた時もまずは担当者へ連絡を入れると、その担当者が最寄りの整備工場へ連絡を入れ、車のレッカー移動もしてくれます。また遠方にいるのであれば、その周辺の宿泊室を取りますし、場合によっては時間差で担当者が現地まで足を運んでくれます。

 

また事故を起こした際の示談交渉も基本的に担当者が行ってくれますので、保険加入者は被害者へ誠心誠意の謝罪をすることに注力できます。
自動車保険の担当者というのはたかが担当者といわれますが、されど担当者で大変大きな重みのある存在なのです。